Romano Levi
イタリア、ピエモンテに住む、唯一の直火炊きのグラッパを造っている重鎮、ロマーノ・レーヴィ氏。(2008年 5月 1日に逝去)
1928年生まれのレヴィ氏は、父セラフィーノが1925年に開いた小さな蒸留所で1945年から働き、それを受け継ぎ、現在もすべてを手造りでグラッパを生産しています。レーヴィ氏のグラッパに使用されている葡萄は、地元産のバローロ、バルバレスコなどのネッビオーロ種、バルベーラ種、ドルチェット種、その他にモスカート種やアルネイス種といったところです。
また、熟成樽はオークを中心に、アカシアや栗、サクラ、ホワイトアッシュと様々で、熟成年数は2年位〜忘れていた数十年物まで。要するに、樽ごとに味が違うのです!
もうひとつレーヴィ氏のグラッパを語る上で忘れてはならないのが、一枚一枚手書きで作られたラベルです!可愛い絵が描いてあったり、メッセージや詩が書かれていたり・・・。

THE BOW BARでは、レーヴィ氏の「手づくりの酒の原点」のグラッパを推奨、応援致します!


※詳しい写真はこちらから
※La Donna Selvatica(ドンナセルヴァティカ)の画像を追加しました!

“La Donna Selvatica”


中央の写真がレヴィ氏の家。納屋の壁にも絵が描かれています!可愛いですね


蒸留所はとても小さく葡萄の香りでいっぱいです!壁には写真や絵も・・・。


原料になる葡萄の絞り残し(ヴィナッチャ)。痛みやすいので黒い袋に入れて保存しているようです。


蒸留設備など。お父さんの代の物を今でも使用しています。写真右は燃料。ヴィナッチャを一年間乾燥させたもの。


蒸留釜で燃やした燃料の灰は葡萄畑の肥料にするそうです!

  

Donna Selvatica .htmlへのリンク